PRが含まれていることがあります

【女子大生のセフレの作り方完全マニュアル】若くて可愛いJDとの出会いからヤる方法を解説

モテる男

女子大生セフレの作り方を解説!

どうせセフレを作るなら、最高の女性をセフレにしたい、例えば女子大生とか最高です。

しかしいざ女子大生とエッチしたいと願ったところで、果たしてどうやって出会えば良いのでしょうか?在学中の大学生ならばいざ知らず、社会人になるとなかなか女子大生と出会えないものです。

今回はそんな男ならみんなが憧れる女子大生のセフレの作り方について解説します。

デジタル編集長

うおぃっす!角刈45歳だ。今は寝ても起きてもエロ関係の動画を観てるか風俗遊びしている。サブスクはいい時代だな。これからもいろんなジャンルのエロ・無修正・怪しい動画・風俗情報たくさん集めて紹介していくから「いいね」ボタン押してな

角刈(カクガリ)をフォローする

女子大生セフレは最高!女子大生のメリットとは?

これからセフレを作るという時、まずは誰をセフレにするのか、いわゆるターゲットを選定しなければなりません。女性といってもそれぞれで、年下から年上、仕事をしている女性もいれば無職の女性もいます。

そんな中で、女子大生はセフレにするには格好の相手です。まずは女性大生をセフレにするメリットについて解説します。

若くて時間にも余裕がある

女子大生といえば、18歳から22歳の若い女性です。それもまだ学生なので仕事はしておらず、時間にも余裕があります。

たとえセフレを作ることに成功しても、相手が忙しいとなかなか時間の折り合いもつきません。その点、時間が自由に使える女子大生ならば、それこそ都合の良い時にいつでも出会えてエッチができます。まさにいつでもエッチできる都合の良い存在なのです。

まだ大人になったばかりの女子大生。経験や知識はほとんどないのに、身体だけの発育は良好。まさにエッチをするには理想の相手です。

若く、自由な時間を持て余している女子大大生をセフレにすれば、その健康的な若い女性の身体を時間の許す限り存分に楽しめます。まさに女子大生はセフレにするには理想の相手なのです。

可愛い

セフレにするならやはり可愛い女の子が一番です。女子大生ぐらいの年齢の女の子は、やはり見た目も若々しく、可愛い外見をしています。

女子大生の可愛らしいところはなにも外見だけではありません。女子大生は性格も可愛いです。特に有名な大学に通っているような育ちの良い女子大生ともなると、礼儀や気品もあって一緒にいて清々しい気分にさせられます。

見た目から中身まで、すべてが可愛らしい年齢層である女子大生をセフレにすると、毎日がとても楽しくなることでしょう。

ちょっとしたことで喜んでくれる

女子大生はまだまだ社会的な経験が少ないせいか、ちょっとした心遣いや優しさを見せるだけでも簡単に喜んでもらえます。

やはり人に喜んでもらうというのは気持ちの良いものです。特に相手が可愛い女の子ならば尚更です。

高いお店に連れていかないと喜ばないような高飛車な女よりも、安いお店でも奢られれば喜んでくれるような素直で愛嬌のある女の子の方がやはり男としても気分が良いです。

セフレといってもセックスだけの関係とは限りません。時には一緒に食事に出かけたり、デートに行くこともあるでしょう。そんな時、簡単なことで喜んでくれる女子大生がセフレだと、セックス以外でも楽しい時間を過ごせます。

できるだけお金をかけずにセフレを作りたい、という人にも女子大生はオススメなのです。

結婚より目の前の遊びを優先してくれる

女子大生は若く、まだまだ人生に時間があります。まさに遊びたい盛りといっても過言ではありません。そのため、結婚願望も低く、目の前の快楽を優先して付き合ってくれます。

セフレはセックスできるフレンドのことであり、恋人ではありません。当然、結婚するつもりもありません。恋愛とか結婚とか言われても面倒なだけです。

その点、遊びを優先してくれる女子大生ならば面倒な付き合いなしに純粋に目の前のセックスの快楽だけに集中してもらえます。

女子大生にも性欲はありますし、大人のセックスにも興味があります。しかし結婚はまだ当分したくない。そんな目の前の性的欲求が高い女子大生ほど、セフレにしやすいでしょう。

純粋に楽しい

女子大生がセフレになると、やはり純粋に楽しいですし男としても嬉しいものです。

若くて可愛い女子大生といつでもセックスできる関係を築くことは、男冥利に尽きるというものでしょう。他の人への自慢にもなりますし、なによりムラムラしたらいつでも若い女子大生の身体で性欲を解消できます。

可愛い女の子が近くにいれば気分も良いですし、肉体関係を結ぶことで性欲だけでなくストレスの解消にもなるでしょう。まさに毎日が充実するのです。

恋愛や結婚などの面倒なことを考えず、ただひたすら若い女子大生の身体を楽しみたい、そんな人にほど女子大生は理想的な女性です。

エロいことを教えて自分好みに開発できる

女子大生は身体こそ成長していますが、まだ社会的な経験も知識もないです。当然、エッチの知識もないでしょう。そんな何も知らない女子大生にスケベなことを教えて自分好みに調教、開発をするというのも女子大生をセフレにするメリットです。

エッチなことを何も知らなかったピュアな女の子が、自分の調教を経てエッチに成長する過程というのは女子大生のこのタイミングでしか味わえません。

清純な女子大生を自分の手でエッチな女の子へ変えたい、そんな調教的な欲望を持っている男性にほど女子大生はオススメです。

女子大生セフレのデメリット

セフレにすることで最高の体験ができる女子大生。しかし、メリットばかりではありません。女子大生のセフレにもやはりデメリットはあります。女子大生のセフレを作った際にはデメリットにも注意しましょう。

女子大生のセフレのデメリットについて以下で解説します。

費用は男が自腹が基本

女子大生をセフレにする場合、費用については男性側が自腹で負担するのが基本です。

なにしろ相手は学生です。お金に余裕はありません。もしも女子大生にも費用を負担してもらおうとすると、そのまま関係が破綻する恐れがあります。

基本的にセフレになる女子大生というのは、あくまで興味半分。遊び感覚でセフレになることがほとんどです。お金を払ってまでセフレをやろうという気概はありません。むしろ食事代とホテル代を奢ってくれるなら、試しにやっても良いかな、ぐらいのノリでセフレになります。

それは言い方を変えると、食事とホテル代、デート代などを奢ってあげれば簡単にセフレになってくれるとも言えます。女子大生と付き合うなら、コスト面については自腹で払いましょう。決して女子大生にお金を請求してはいけません。

世代が違うと話が合わない

若い女子大生と付き合うと、どうしても話がかみ合わないこともあります。特に10歳以上年齢が離れていると、世代が違うので話を合わせるのも大変です。

話が合わないとなかなか会話をするのも大変です。かといって女子大生が年上の男性を相手に話を合わせることなどまず無理でしょう。

女子大生にとって10年20年以上昔の話題というのはまったく記憶にない出来事です。話を合わせるなんてまずできません。

女子大生と付き合う際には、こちらが相手の話に合わせる必要があります。音楽や映画、ドラマ、アニメ、なんでも構いません。今時の若い人が好きそうなことをネットなどで調べておきましょう。

マナーや礼儀がない

まだ社会に出たことのない女子大生は、当然ですが社会的なマナーや礼儀などはほとんど習得していません。年上に対する口のきき方なども知りません。

そのため、どうしてもため口になってしまったり、年上に失礼な態度を取ることもあります。しかしこれは決してわざと生意気な態度を取るわけではありません。単純に礼儀やマナーを知らないだけなのです。

だから女子大生がどれほど失礼な態度を取ったとしても、怒ってはいけません。叱ってもいけません。まだ若いので仕方のないことだと受け入れましょう。広い心で女子大生の態度を受け入れると、逆に女子大生から器の大きい人だと思われ、好意を抱かれやすいです。

エロの知識が少ない

経験の少ない女子大生ほど、エロに対する知識も少ないです。エッチの経験がほとんどないような女子大生にアブノーマルなプレイを要求してもまず出来ないでしょう。

エロの知識が少ないので、女子大生をセフレにしたとしても、無茶なプレイはまず期待できません。中にはフェラや手コキなどの簡単なプレイすら知らない女性もいます。

いくらエロの知識がないからといって、それを責めたり批判してはいけません。そもそもエロの知識など知っている方がおかしいのです。知らないのが普通のことなのです。

エッチの知識がない女子大生をセフレにしたら、優しく丁寧に教えましょう。確かに女子大生は経験も知識も少ないです。しかし若いので覚えるスピードは早いです。

若い子の体力に追いつけない

女子大生は若く、やる気も体力も旺盛です。あまりにも元気すぎて、その若い体力に追いつけないというのも女子大生をセフレにするデメリットです。

性欲と体力が充実している女子大生ともなると、一週間どころか毎日だってセックスできます。しかも全力で気持ち良くなれるような本気のセックスです。20代なら頑張ればなんとかなりますが、さすがに30代、40代ともなると毎日のセックスは体力的にキツイです。

土日などの週末だったらがっつりセックスしても構いません。しかし平日の夜ともなると、全力のセックスをすると流石に次の日の仕事に響きます。とても本気でセックスなんてできないでしょう。

対策としては、こちらも筋トレや運動をして体力をつけると良いでしょう。確かに女子大生とのセックスは体力を要します。しかしこちらも体力をつければ、女子大生とのエッチを存分に楽しめるでしょう。

女子大生セフレの作り方:出会い方について

確かにデメリットもあるかもしれませんが、それ以上にメリットと魅力の多い女子大生のセフレ。男ならやはり若い女子大生とエッチしたいものです。ただ、女子大生のセフレを作るとして、一体どこで出会えば良いのでしょうか?

女子大生との出会い方について以下で解説します。

SNS・出会い系

女子大生と出会うことを考えるなら、やはりSNSや出会い系サイトは欠かせません。

基本的に出会うだけならネットが一番効果的です。なにしろ出会い系サイトなどを利用すれば、セフレを欲しがっているような女子大生を簡単に見つけられるので効率が良いです。

デメリットはサクラや業者などが多いことぐらいです。出会い系サイトを利用する際には、サクラや業者対策をしっかりやっておきましょう。対策さえ知っておけば、出会い系サイトは女子大生と簡単に出会える都合の良い場です。

もしくはSNSなどを利用して個人的に女子大生と知り合っても良いです。SNSは無料で使える反面、出会い系サイトと比べると出会い難いです。ただSNSで有名になってフォロワーが増えると、SNSでナンパがしやすくなるなどの利点があります。

FPS・ネトゲ

最近はオタクやゲームが趣味な女子大生も増えています。特にFPSの人気は高く、ゲーマーな女子大生と出会いやすいです。

FPSの中にはボイスチャットを使用して協力プレイをするタイプのゲームもあります。そのような協力プレイがしやすいFPSを通じて女子大生と仲良くなれば、そのままオフ会で出会い、セックスする仲へと発展させることも可能です。

ゲームが得意、特にFPSなら誰にも負けないなど、ゲームが得意な人にオススメな女子大生との出会い方です。

相席居酒屋

社会人と比べて女子大生はお金をあまり持っていません。相席居酒屋はそんなお金がない女子大生でもお腹いっぱいに食べられる場所なので、やはり女子大生からの支持も高いです。

相席居酒屋はまさに女子大生と出会うには格好のスポットです。ちなみに相席居酒屋はチェンジも可能なので、明らかに女子大生ではない女性がきた場合はすぐにチェンジしても構いません。

相席居酒屋で女子大生と知り合うつもりなら、近くに大学がある相席居酒屋などがオススメです。近くに大学があるなら、そこに通う女子大生が相席居酒屋を利用する可能性が高いからです。

クラブ

クラブは遊び目的でやってくる女子大生が多いので、気軽にナンパしやすいです。

ただしクラブといってもそれぞれです。女子大生が多いクラブもあれば、ギャルが主流なクラブもあります。女子大生が目的なら、女子大生が多いクラブを利用した方が良いです。

ノリの良い女子大生であれば、一緒にお酒を飲んで仲良くなったその日のうちにホテルまでお持ち帰りすることもできるでしょう。

合コン

確実に女子大生と知り合うなら、やはり合コンです。女子大生が参加する合コンならば、まず確実に女子大生と知り合いになれるでしょう。

相手も出会い目的で合コンに参加しているわけなので、気が合えば簡単に女子大生と仲良くなれます。

難点は、自分以外の男性も合コンに参加していることです。誘えそうな女子大生がいたら、他の男性に取られる前に積極的にアプローチをかけた方が得策です。

紹介

知り合いや友人に女子大生とのコネクションがあるならば、紹介してもらうというのも一つの手です。

紹介してもらうことで確実に女子大生と知り合うことができます。仲良くなれれば、そのままセックスすることも可能でしょう。

ちなみに類は友を呼ぶといって、セフレになるような女子大生の周囲には同じようなセフレになりやすい女子大生が集まりやすいものです。

出会い系サイトやナンパでもなんでも良いので一旦セフレ作りに成功すると、その女子大生のセフレに別のセフレを紹介してもらうという、芋づる式のセフレの作り方も実践できます。

女子大生の作り方:アプローチするコツ

出会い系サイトなどがある今の時代、女子大生と出会うだけなら意外と簡単にできるものです。では女子大生と知り合いになったとして、次に何をするべきなのでしょうか?

女子大生をセフレにするためにすべきアプローチについて以下で解説します。

大人として付き合う

女子大生へアプローチをする場合、まずは大人として付き合うことを心がけてください。

特に女子大生よりも10歳、20歳以上年齢が離れているならば、なおさら大人としての対応が求められます。

若い女性は大人な男性に憧れや期待を抱くものです。そのイメージを壊してはいけません。経験豊富な大人な男性として振る舞うことで、この人は頼りになるというイメージを女子大生に与えましょう。

車で送迎する

女子大生を攻略するのであれば、車で送迎してあげると効果的です。

女子大生はまだ若く、同年代に車を所有している男性も少ないです。車で送迎してあげるというのは、それだけで一つのアドバンテージとなります。

車で送迎してあげることで、女子大生に大人としての男性のカッコ良さをアピールしましょう。

財力を見せつける

まだ学生の女子大生はそれほどお金を持っていません。だからこそ、大人としての財力を見せつけることは非常に効果的なアプローチとなります。

女子大生を口説くなら、奢りましょう。奢る時、嫌な顔をしてはいけません。割り勘など御法度です。自分は大人だから奢るのは当然という態度を見せましょう。

大人ならではの財力を見せつけることで、女子大生からの評価も上がります。

話を聞いてあげる

女子大生を口説く際には、話をするよりも聞いてあげるのが有効です。自分の話よりも彼女の話を優先的に聞くように心がけましょう。

女性は自分の話を聞いてくれる人が好きです。相手の話を遮らずに、最後までじっくり話をさせてあげましょう。

悩みや愚痴などを聞いてあげることで女子大生からの好感度も高まります。

大人な雰囲気のあるバーへ連れていく

大人な雰囲気のあるバーなどへ連れていくというのも女子大生を口説く上で有効なアプローチです。

まだ学生で経験の少ない女子大生にとって、大人っぽい雰囲気のあるバーに行くというのはあまり経験のないことです。

そんな未知の世界に連れていってくれる男性のことを、女子大生は憧れの目で見てくれるものです。大人が行きそうなお店に連れていき、大人としての貫禄を女子大生に見せてあげましょう。

女子大生セフレの作り方:実際にセフレにする方法

女子大生と知り合い、仲良くなったら、いよいよセフレにするための行動が求められます。以下では女子大生をセフレにするための方法を解説します。

清潔な外見にする

女子大生とセックスをするつもりなら、まず身だしなみが大事です。清潔で爽やかな外見にしましょう。

髪が長いなら短くカットしてしまいましょう。汚れが目立つ服はやめて、清潔感のある服装にしてください。あくまで清潔感があればどんな服でも大丈夫です。奇抜なデザインや派手なファッションである必要はありません。

白や黒などのシンプルなコーディネイトで十分です。清潔感さえあれば、女子大生に嫌がれることは滅多にないです。

ガツガツせず、大人っぽく振る舞う

年下の女子大生と口説く際には、ガツガツした振る舞いはやめて、大人っぽい対応をしましょう。

ガツガツ振る舞うとみっともないですし、この人は大人なのに中身は幼稚だなと見下されます。そうなると口説ける相手も口説けません。

女子大生を口説く際には、落ち着いた態度でいてください。紳士的に振る舞うことが女子大生を口説くコツです。

お酒を誘ってみる

女子大生と出会い、仲良くなったら、お酒を誘ってみましょう。

女子大生はノリが軽く、意外と簡単にお酒の誘いにも乗ってくれます。ノリの良い女性はセックスもしやすく、セフレにしやすいです。

もしもここでお酒の誘いを断られたとしても、無理に誘わないようにしましょう。

お酒の誘いを断る女子大生とは、セフレにし難い女性でもあります。そのような女性を無理に誘う必要はありません。まずはお酒を誘えるか否かで、この女性はセフレにしやすいか否かを判断できます。

セフレにするなら、簡単に一緒にお酒を飲める女子大生をターゲットに選定しましょう。

悩み相談に乗る

お酒を誘い、一緒の時間を過ごせるようになったら、女子大生の悩み相談に乗ってみましょう。

悩みを打ち明けるということは、こちらに対して気を許している証拠です。信頼されているので、より親密な仲に発展しやすいです。

悩み相談に乗る時は、叱ったり正論を述べる事は避けましょう。あくまで共感し、相手の言い分を聞き入れましょう。常に相手の立場にたって共感し、肯定することで、より女性と仲良くなれます。

仲良くなったらイチャイチャしてみる

女子大生と非常に親密な仲へと発展したら、イチャイチャしてみましょう。

いきなりエロいことをすると、拒否される可能性があります。あくまで拒否されない程度の、軽いボディタッチなどからイチャイチャを始めてみましょう。

女子大生は、仲が良い相手ならば多少エッチなことをされても許してくれます。イチャイチャして興が乗れば、そのままもっとエロいことをしても許してくれるでしょう。そこまで仲が発展すれば、いよいよセックスの段階です。

ホテルに誘ってみる

女子大生とイチャイチャできるぐらいに仲良くなれたら、ホテルに誘ってみましょう。

ここでOKが出るならば、もうセックスしても大丈夫です。このままやることやってセフレにしてしまいましょう。

もしもホテルへの誘いを拒否された場合は、そのまま一旦は諦めましょう。ここで強引に迫ると関係が破綻する恐れがあるからです。

一回や二回失敗したぐらいで諦める必要はありません。何度も挑戦することが、女子大生をセフレにするコツです。

女子大生がセフレになる心理

セフレになる女子大生は意外と多いものです。ただ、一体どういう心理状態でセフレになるのでしょうか?以下ではセフレになる女子大生の心理状態について解説します。

寂しい

女子大生がセフレになる理由として、まず寂しいという理由があります。

女子大生は意外と時間があるものです。特に進学と同時に上京して一人暮らしをしている女子大生ともなると、孤独感で寂しさを感じているものです。

そういった寂しさを抱えている女子大生は、優しくすると懐きやすく、セフレにもしやすいです。

お金がない

女子大生は仕事をしていないので、やはりお金がありません。特に私立大学ともなると授業料が高いので、無駄遣いはできません。

そんなお金がない女子大生にとって、奢ってくれる大人な男性は非常に貴重な存在です。金銭的に援助してくれるなら、エッチな関係になっても問題なしと考える女子大生もいます。

そんなお金を欲している女子大生もまたセフレにしやすいです。もちろん、お金がないと見向きもされないので、付き合う際には食事代やデート代、ホテル代などは奢ってあげましょう。

単純にエッチしてみたい

女子大生に限らず女性にも性欲はあります。中には男の身体に興味を抱いている女子大生もいます。

そんなエッチなことに興味津々な女子大生であれば、自分からセフレを探すこともあるので出会い系サイトやSNSの裏垢などで遭遇しやすいです。

ただしこの手のエッチな女子大生は競争率が激しいです。早くゲットしないと他の男に奪われる可能性があるので注意が必要です。

女子大生セフレの注意点

セフレの女子大生ができたら、いつでもエッチし放題です。今後は若い女子大生の身体でエロいことをたっぷりできます。ただし、いくら女子大生が可愛いからといってやり過ぎは禁物です。

女子大生セフレとの関係を長続きさせたいなら、以下の注意点を守りましょう。

避妊は必ずする

女子大生のセフレとエッチする際には、必ず避妊を徹底させてください。

避妊が大事なのは当然として、そもそも避妊をしない男性は女子大生から嫌われやすいです。特にまだまだ遊びたい盛りの女子大生ほどその傾向は強いです。

生でやったり、避妊を疎かにするような行為をすると、それがキッカケで女子大生との関係が悪化し、セフレを解消される恐れがあります。

マニアックなプレイはしない

女子大生はまだ経験も少なく、知識もありません。そんな女子大生にいきなりマニアックなプレイを強要してはいけません。

まだノーマルエッチしかしたことがないような女子大生にいきなりマニアックなプレイを要求してもできません。場合によっては拒否される可能性すらあります。

あまりにもハードなプレイを要求すると、エッチな行為そのものに嫌悪感を持ち、セフレの関係を止めてしまうかもしれないので注意しましょう。

最初は優しくエッチ。ハードプレイはNG

女子大生のセフレができたからといってハードなプレイは厳禁です。まずは優しく、ソフトなエッチから始めましょう。

優しく、初心者でも気持ち良くなれるような簡単なセックスを始めることで、女子大生のセックスに対する恐怖心や懸念、心配などを拭い去ることができます。

避妊を徹底すれば、この人は自分の身体をちゃんと考えている良い人だとアピールできるので安心してセフレにもなってくれるでしょう。

女子大生はセックスに関しては初心者です。いきなりハードなことをせず、優しく丁寧にエロを教えてあげましょう。開発に成功すれば、いずれはどんなハードなプレイにも対応してくれます。

デジタル編集長

うおぃっす!角刈45歳だ。今は寝ても起きてもエロ関係の動画を観てるか風俗遊びしている。サブスクはいい時代だな。これからもいろんなジャンルのエロ・無修正・怪しい動画・風俗情報たくさん集めて紹介していくから「いいね」ボタン押してな

角刈(カクガリ)をフォローする
モテる男
シェアする
東京5Gデジタル情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました